顔のたるみ 解消

顔のたるみを解消!「顔のたるみを改善する」生活習慣のポイント

顔のたるみ,解消

 

数年前の写真と、今の自分の顔を見比べて愕然とする、なんて事あったりしませんか?それはフェイスラインが原因のことが多いです。普通に生活していると、フェイスラインは加齢とともに年々下がってきます。それは表情筋の衰えによって起こっているかもしれません。

 

もし普段の生活のちょっとした習慣や癖を直すことで改善できるとしたら、その方法知りたくありませんか?その方法を5つのポイントに分けて解説していきます。

 

生活習慣の見直しで顔のたるみを解消する5つのポイント

 

噛み癖に気を付ける

 

顔のたるみ,解消

 

物を食べる時に片側ばかりで噛んでいませんか?片方でばかり噛んでいると顔は歪んできます。その歪んだところからたるみが生じてきます。顔を歪ませないためには両方の歯で均等に噛むクセをつけていきましょう。

 

糖質の摂取を減らす

 

顔のたるみ,解消

 

糖質の摂り過ぎは顔のたるみに影響してきます。糖質の摂りすぎには注意しましょう。糖質を摂り過ぎて体の中で「糖化反応」が起こると、血液がドロドロになり、体が老化していきます。血液がドロドロになると、体の中のいらない老廃物が静脈に流れていかなくなり、顔がむくんだようになってポチャッとした感じになります。

 

糖質を摂る目安は、一日一回、麺類やパンを食べたら、甘いものは食べないようにしましょう。もしも、朝食でパン、昼食で麺類、夕食でご飯を食べているような食生活なら糖質の摂りすぎという事になります。糖質の摂りすぎ=顔のたるみと覚えておいてください。

 

便秘に注意 腸内環境の改善

 

顔のたるみ,解消

 

便秘になると、体の老廃物が体外に排出されずに残ってしまいます。そうなると体に毒素が蓄積されていき、顔のたるみ、むくみの原因になります。腸内環境の改善も、顔のたるみに関係してくるのです。また、便秘がちだとニキビや吹き出物などお肌のトラブルにもつながります。逆に考えると、お肌の調子が悪いと内臓の調子も悪いとも言えますね。

 

紫外線には出来るだけ当たらない

 

顔のたるみ,解消

 

紫外線の中のA波が顔のたるみを作る原因です。日焼け止めによくある表記”SPF”も大事ですが、”PA”の表記に着目してください。この”PA”の表記のあるものを使用するようにしましょう。また、日焼け止め、リキッド、ミネラルファンデーションを使うと、さらに日焼け止めの効果が上がります。ミネラルファンデーションは鉱物が入っていて、普通のファンデーションに比べ紫外線を散乱させる効果があります。

 

表情筋をよく使う

 

顔のたるみ,解消

 

表情筋は、顔の表情を作る重要な筋肉です。よく笑い、よくしゃべる人って見た目が若い人が多いような気がしませんか?これは表情筋を他の人より多く使っているからなんです。喜怒哀楽をはっきり顔に出して、よくしゃべることで表情筋が使われます。これが顔のたるみに待ったをかけてくれるのです。

 

顔の筋肉が落ちてくると、皮下脂肪が増え、その皮下脂肪が重力によって落ちてきます。また、肌の弾力も落ちてくるので顔のたるみが加速してしまいます。鏡の前で、わざと笑顔を作ったり、しゃべる時に口を大きく開けてしゃべるようにすることで表情筋を使うことができます。表情筋をよく使うようにして、顔のたるみ防止に努めましょう。

 

 

 

いかがでしょうか?日常生活で、ちょっと気を付けることで改善されることもあると思います。あなたが出来そうなところから始めて、顔のたるみの解消を目指しましょう。